ヘルプ時のルールは | セクキャバとキャバクラは桁違いのお金を稼げる場所です
menu

ヘルプ時のルールは

中庭にいる女性

これからキャバクラで働くとなると、仕事をする上でのルールについてもちゃんと把握しておかなければいけません。
キャバクラでは特に守らないといけない絶対的なルールがありますので、これは働き始める前にここでしっかり認識してほしいと思います。

まずキャバクラでは人のお客さんを横取りすることを禁止している場合が多いです。
だからヘルプに入るときは、接客スタンスを大きく変える必要があります。

では具体的にどのような接客を取ればいいのか?
普通は自分のお客さんにするためにできるだけ接客の際にはベタベタすることが重要ですが、ヘルプの場合はけしてベタベタしてはいけません。
キャバクラのシステム上どうしてもお客さんのすぐ隣に座ることになってしまいますが、その際にも近づきすぎないようにしてもらいたいと思います。
そうすることによって、お客さんに好かれにくくなります。

じゃあそもそもなぜ人のお客さんを横取りしてはいけないのか、気になりますよね。
人のお客さんを横取りしてしまうと、もちろん横取りされてしまったキャストには一切報酬が発生しなくなります。
すなわち給料を横取りする行為と、まったく同じだといってもいいでしょう。
だからヘルプとして接客する場合は、いつものスタンスとは大きく変えないといけないわけです。

ただしだからといって、露骨にお客さんを避けたり嫌うような態度を取ってはいけません。
好かれ過ぎず、かつ嫌われないようにバランスを取って接することが重要です。
だからヘルプの場合は普通に接客するときと違って、かなり意識して接する必要があります。
あなたもヘルプに入る際には、注意しましょう。